Flowers

「好きな花何ですか?」そう尋ねられたら誰でもひとつぐらいはお気に入りの花の名前をあげることができるのではないかと思います。世の中には数えきれない ほどに花の種類があるのに、その花をみると、なぜか惹きつけられ、とても癒されたり、励まされたり、単純に幸せになれたりするものです。

特別な日や大切な人に花を贈ることがよくあります。誕生日をはじめ、結婚式や出産のお祝い、卒業式に歓送迎会。母の日や敬老の日。お見舞い、お悔やみ、お 葬式などなど。そのときの気持ちを花に託して、言葉だけでは伝わらない思いを相手に伝える。花はどんなシーンにも欠かすことの出来ないツールだと思いま す。

フラワーアレンジメントを習い始めてからは、自分で作ったアレンジメントを贈るようになりました。受け取った相手が喜んでくれると、私の思いが無事伝わったのだな、とうれしくなります。

毎日の生活に花があることが私の理想です。花だけでなく、植物は手をかけてあげることで、驚くほど生き生きとしてきます。そして、元気な植物は部屋の空気 を変え、私にパワーを与えてくれるような気がします。たくさんの花を必要とするわけではなく、部屋のどこかに、ホッと心の和むような花が一輪あればそれで よかったりして。

私の好きな花は「ジュリア」という品種のバラです。初めて習った教室で出会いました。アンティークな色合いは、一輪でも存在感がありますが、アレンジメン トに使うとどんな花とも調和して、よりいっそう魅力が引き出されます。いまでも、レッスンの花材で登場すると、出会った時の新鮮な気持ちがよみがえってき ます。